車酔いの原因

車に乗っている時でも、調子の良いときもありますし、特に調子の悪いときもあります。
これは、自分の当日の体調もそうですが、他にもいろいろな要因に大きく影響を受けています。

そんな、車酔い、乗り物酔いの原因についてまとめてみました。車酔いはどのような状況下の時におきやすいのか知ることで、未然に車酔いを防ぐことも十分可能だと思います。

・乱暴な運転
→ 曲がりくねった道、カーブが多い山道、上下に入り組んだ道。こんな道をブレーキもろくに使わず、速いスピードで突っ走ると、運転手以外の助手席、後部座席に座っている人は、かんたんに車酔いしてしまいます。三半規管が悲鳴を上げる前に、丁寧な運転を心がけましょう。速度が出やすく、カーブの連続した道は特に注意が必要です。

・きついズボンやベルトに要注意
→ 長時間、お腹周りを締め付ける服装は、車酔いを加速させます。長距離ドライブなどの時には、ゆったりした服装を心がけましょう。

・車内での本やゲームはNG!
→ 乗り物の中でのゲームや携帯メール、読書やトランプ、社内併設のテレビ画像など、細かく眼球を動かすような行為は車酔いにつながりやすいです。
よっぽど車に強い方以外は、気を付けましょう。
逆に、車の窓から遠くを眺めたり、運転してる気になって進行方向を先取りして眺めるようにすると酔いにくいです。

・空腹、食べ過ぎ
→ 矛盾するようですが、空腹も食べ過ぎも、車酔いにはよくありません。

・こもった匂い
→ とくにバスに多いのですが、湿気たようなこもった匂いは、車酔いに直結します。
もしそうした不快なにおいで車内が充満していたら、こまめに窓を開け換気するように気を付けてください。